12.松濤館(流)

Funakoshi_Gichin

松濤館(流)とは沖縄空手を日本本土や諸外国へ広めた第一の功労者である船越義珍を開祖とする(流派)である、書物の中で松濤館(流)と( )で記述され ているのは多くの弟子達が松濤館流の旗揚げをいくら進めても船越義珍本人が強く抵抗し晩年まで「首里手」(スイティ)系の唐手(トウティ、カラテ)という 公称に強いこだわりを見せ松濤館流というー流派としての設立には難色を示し続けていたのが原因だとも言われている。

Continue reading “12.松濤館(流)”

Read more...

11.松林流

松林流は長嶺将真を開祖とする琉球古伝空手の首里手(スイティ)泊手(トマイティ)系統の流派である、長嶺将真は「首里手」の中興の祖である松村宗昆の直 弟子喜屋武朝徳と「泊手」の中興の祖松茂良興作の弟子で歴史に名高い本部朝基と […]

Read more...

5.小林流

history013

小林流は沖縄空手の三大流派(剛柔流、小林流、上地流)の一つであり、1933年(昭和8年)に知花朝信によって命名された。小林流の源流を訪ねると、開祖・知花朝信は糸洲安恒に師事しており、糸洲安恒は首里手の元祖ともいうべき松村宗棍に学んでいる。 首里手の松村宗棍から糸洲安恒、そして知花朝信へと受け継がれ体系化され小林流の流派として誕生した。≈受け継がれてきた流れをみると、琉球王朝時代に「手(てぃ)」の源流とも言われる首里手の直接的な継承で小林流が誕生していることは明白である。知花朝信は多和田真睦にも師事し、多和田の「パッサイ」や「サイ」なども継承している。

Continue reading “5.小林流”

Read more...

4.糸東流

糸洲安恒

沖縄の空手・糸東流は糸洲安恒と東恩納寛量に師事した魔文仁賢和が両師匠の名字から「糸」と「東」をいただき「糸東流」という流派を命名、開祖となった。糸東流の特徴は魔文仁賢和が糸洲安恒から首里手を、東恩納寛量から那覇手を学び、沖縄の古伝空手の二大系統を継承している。

Continue reading “4.糸東流”

Read more...

3.上地流

上地流

上地流が沖縄の空手の流派として他の流派と最も異なる特色は、沖縄古来の首里手、那覇手、泊手の系統とは別に、開祖の上地寛文が20歳の若さで中国に渡り、17年間唐手の本場で虎形拳(こけいけん)の大家・周子和(しゅうしわ)に師事したことである。つまり上地流は開祖自ら中国で唐手を学び、その系統として沖縄で上地流を興したことになる。中国福建省の南派小林拳が源流となる。

Continue reading “3.上地流”

Read more...