43.-2014年10月9日-

湖城流の型や組み手

湖城親方(1656~1737)を流祖とし、那覇久米村の士族・湖城家に伝わった門外不出の空手の流派。
湖城流の技法に特徴としては打撃による連続攻撃の後、取手{関節技・投げ技}などで勝負を決めることにある。
湖城流は、1975年、六代湖城嘉富が道場を閉鎖して以来、現在、鳥取県の道場のみ継続している。