22.-2012年6月15日-

沖縄空手、世界に

120518

世界空手道連盟(WKF)は17日、県立芸術大学で技術委員会を開いた。
初日は、11月にフランスのパリで開催される2012世界空手道選手権大会に向けた
コーチ講習会の内容などを確認した。
台湾やニュージーランドから技術委員7人が集まり、選手やコーチのマナー、
礼儀作法、ドーピングに関する規定などについて意見交換をした。
同委員会の佐久本氏は「空手発祥の地である沖縄で国際的な会議で交流できるのは良い機会。
琉舞や県出身選手らの演武も見てもらい、世界に沖縄の伝統文化を伝えたい」と話した。
18日の2日目は技術委員らに県伝統空手の技法と鍛練法を紹介。
空手道に関する史跡巡りなども行われた。

2012年5月18日 琉球新報掲載