20.-2012年6月13日-

喜友名個人形で優勝

120527-3

空手の第2回東アジアシニア選手権大会は26日、東京・日野市ふれあいホールで行われ、
日本代表としてシニア男子個人形に出場した喜友名諒(沖国大4年)が決勝でチャイニーズタイペイの選手を
4-1で破り、初優勝を飾った
大会前に「優勝する」と語っていた喜友名選手が、有言実行で東アジアを制覇した。
韓国の選手との初戦、パイクーで挑み3-2と競り勝った。
得意形のアーナンで臨んだ準決勝は5-0と香港の選手を圧倒。
決勝は「調子が良かった」というスーパーリンペイで、東アジアの頂点に輝いた。

2012年5月27日 琉球新報掲載